【リスティング広告で効果がない?】見るべき5つのポイント

GoogleやYahoo!のリスティング広告を活用されている企業の担当者様は多いのではないでしょうか?

ウェブ広告の定番と言えば、リスティング広告なのですが、リスティング広告が運用型広告と呼ばれているのはご存知でしょうか?

名前の由来通り、広告を配信してから上手に設定をテストを繰り返せるかが勝敗のポイントとなります。

設定といいますが、様々な要因があります。

そこで、今回は「リスティング広告で結果が伸びないじゃん」と悩んだ時のチェックポイントをご紹介しますので、成果で伸び悩んでいる方は見てくださいね。

リスティング広告のキーワードは適切か?

ビックキーワードは検索量が多いので、たくさんの型に認知できます。一方でそれだけ競合が多いワードとも言えます。

弊社は、中小企業様からご相談いただくことが多いのですが、予算内で事業成果を最大化させるワードを選定していかないといけません。

自社の強み(独自性)のあるキーワードや、顕在層と潜在層にキーワードを分けたり、今すぐ自社の商品がほしいと想定できるお客様の悩みワードに絞っていく必要があります。

上記の設定をしていくことで、競合の数も減らせますし、ユーザーが明確なのでCVRも高くなります。

マッチタイプは適切か?

マッチタイプとは、「部分一致」「絞り込み部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の4種類があります。

部分一致

マッチング方法:登録したキーワードに関連性が高いと判断された検索語句に対して表示されます。

設定ワード:東京 結婚式

マッチする検索語句の例:東京ウェディング、挙式大阪、埼玉、結婚式

マッチしない検索語句の例:※マッチングのアルゴリズムは適宜調整が図られていると考えられますので、関連性があると判断された検索語句は常に変動する可能性があります。

部分一致はこちらが意図していないような検索語句まで配信してしまうことが多いです。

なので、表示回数を一気に増やしたい方にはオススメですが除外設定が大切になります。

絞りこみ部分一致

マッチング方法:語順に関わらず、登録したキーワードが検索語句に含まれるものに対して広告が表示されます。

設定ワード:+東京 +結婚式

マッチする検索語句の例:東京 結婚式、結婚式 東京か埼玉、結婚式 東京

マッチしない検索語句の例:大阪 結婚式、東京 ウェディング

絞り込み部分一致は、想像できない検索語句へも間口を拡げながらも、運用のコントロールがしやすいというメリットがあります。

ある程度、狙った検索語句だけに配信が出来るのでコントロールしやすいマッチタイプです。

フレーズ一致

マッチング方法:登録したキーワードと同じ語順の検索語句(フレーズ)を含む場合に広告が表示されます。

設定キーワード:”東京 結婚式”

マッチする検索語句の例:東京 結婚式、東京 結婚式 オススメ、東京 結婚式 費用相場

マッチしない検索語句の例:結婚式 東京、結婚式 東京 クチコミ

フレーズ一致は、おもに語順が変わることで別の意味になってしまう場合に活用すると便利です。

本来のターゲットだけを狙い、ターゲット以外のユーザーに広告が表示されることを防ぐような仕組みになっています。

完全一致

マッチング方法:登録したキーワードと検索語句が、完全に一致する場合にのみ広告が表示されます。

設定キーワード:[東京 結婚式]

マッチする検索語句の例:東京 結婚式

マッチしない検索語句の例:結婚式 東京

入札していないキーワードには表示されない仕組みで、ターゲットユーザーにピンポイントで出せる仕組みです。

予算が限られている際などには他のマッチタイプに比べて費用を抑えることもできます。

完全一致のIMPシェアが大切

ユーザーが調べてCVした検索語句(検索クエリ)を完全一致に登録する必要があります。

なぜかというと、言わずもがなかと思いますが、そのキーワードで検索してCVしているからです。

無駄なキーワードを除外しているか?

広告予算の割に効果が出ない時は、金食い虫のキーワードがないか確認してみましょう。

定期的に、キーワードを除外することをオススメします。

手間に感じることもありますが、有効な手法ですので試してみてくださいね。

広告文は魅力的でターゲットユーザーに伝わるか?

広告文のクリック率が大変に大切です。

ターゲットにとって魅力的に感じるコピーになっているか?

具体的に提案ができているか?

今すぐ決めるメリットはあるか?

など、広告文に記載できているか確認してみてください。

また、広告文は毎週1本~2本追加してテストしてみてください。

クリック率が高く、CVRが高い広告文をどんどん作り、効果が悪い広告文は配信を停止していきましょう。

例えば、リスティング広告でみてみましょう。

良い例

  • 不動産業界専門の広告代理店
  • 不動産業界の実績100社以上
  • 中小企業様向けに5万円から運用

悪い例

  • 株式会社KOSHIKI
  • ウェブ広告は全般的に得意
  • いつでもご相談ください

上記2つを比べた時に、下の広告だと、誰に、何を、どのように提供するかがわかりません。

そもそも、広告代理店かどうかも怪しいです。

改善方法としては、広告に含まれている訴求を一部分づつかえた新しい広告を追加し、クリック率べることで、どの訴求が優れているかを判別することができます。

予算は適切か?

広告費が余っている企業様であれば問題はないのですが、広告費に費やせる金額に上限のある企業様がほとんどではないでしょうか?

もちろん、弊社なんて少ししか使えません。汗

そんなときは、費用対効果を徹底的に意識できているかが大切になります。

キーワードごとのCPA(Cost Per Acquisition/CV1件あたりの単価)を確認してみてください。

費用対効果の悪いキーワードを停止して、費用対効果の良いキーワードだけ配信するようにしましょう。

費用対効果をあげたいなら、極力CPAの低いキーワードに予算を集中させましょう。

LPと広告文の一貫性はあるか?

表示回数、クリック数、クリック率は悪くないんだけど、CVが発生しない。。。

という場合は、広告文とLPのセールスポイントが他社と比較して弱いかユーザーのニーズから外れている可能性が高いです。

また、広告文とLPの一貫性が低いことが多いです。

つまり、広告文ではユーザーにとって魅力的な広告文が出ているにもかかわらず、LPでは違う内容が記載されていれば、「考えていた内容と違う」

となってしまい離脱してしまいます。

なので、過去CVした検索語句からお客様のニーズを分析してみてください。

広告ランクを高い基準で推移させているか?

広告ランクとは、掲載順位を決める基準となるスコアのことです。

広告ランク=品質スコア×入札単価

上記の式を活用して、広告ランクを算出することができます。

広告ランクは、Google Adsが掲載順位を決める独自の指標です。

簡単にいうと、広告ランクが高いと入札単価が安くても上位に表示させることができます。

実際、広告ランクが高いとどれぐらい入札単価が下がるかお伝えします。

A店 150円(入札価格)×8(品質スコア)=広告ランク1,200
B店 200円(入札価格×)4(品質スコア)=広告ランク800

となります。

広告ランクが高い方が上位表示されるので、A店が上位に表示されます。

品質スコアの内訳は?

品質スコアを決めるには、複数の条件が存在します。
この章では、その条件を順番にご紹介していきます。

  1. 広告の推定クリック率
  2. LPの利便性
  3. 検索クエリに対するキーワードと広告文の関連性
  4. 設定しているキーワードと広告文の関連性

基本的には上記4つが主な内訳となっています。

つまり、ユーザーにとって良い広告文を作成して改善する方法が一番の近道です。

まとめ

リスティング広告は良くも悪くも運用者次第で大きく成果が変わる広告となっています。

中々、効果が出ないと考えていても少し設定を見直し、適切に変更するだけで大きく成果が変わった事例はたくさんあります。

中々成果が上がらない場合は、上記5つのポイントを見直してみてくださいね。

 

Webマーケティングのリソース不足を、定額でアウトソーシングしていただけます。

KOSHIKIでは、Webマーケティングのリソース不足を、定額でアウトソーシング可能です。
広告アカウント運用数は100業種以上、サイト解析は120サイト以上、サイト制作も50サイト以上の実績と経験から、課題を抽出して営業利益が最大化できる箇所から改善/実行を着手し、論理的かつ情熱的に事業の拡大をご支援します。